あなたの会社の損益分岐点をご存知ですか?

2016年08月31日

     

    ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。

     

    あなたの良きパートナー神戸のFP税理士 水池克明です。

     

    いきなりですが、損益分岐点をご存知でしょうか?

     

    難しい言葉ですが、要は利益が出る最低限の売上の事です。

     

    経費は、固定費・変動費に分かれます。

     

    これも難しいですよね。

     

    簡単な例で

    りんご 1個売価100円  原価50円

    りんごを売り回るのに自転車をレンタル(レンタル代金200円)

    とした場合

     

    りんご1個売れれば、50円の原価が発生します。

    売れれば経費が発生し、売れなければ経費が発生しません。

    売上に応じて経費が変動するので、これが変動費です。

     

    自転車のレンタル代は、売れる売れないにかかわらず、発生します。

    固定的な経費、これが固定費です。

     

    そして、りんごが1個売れれば、50円の利益ですので、400円(4個)売れてやっと利益が0

    1個売れた場合 100円(売価)-50円(原価)=50円(利益)

    50円(1個の利益)×4個-200円(レンタル代)=0

     

    これが損益分岐点なんです。

     

    一度あなたの会社の損益分岐点を計算してみてください。

     

     

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    このブログは、わかりやすくお伝えする事を主においておりますので、

    語句については若干正確なニュアンスと違う場合があります。

    税制の記事に関しては、このブログ投稿時の税制に基づいて書いております。